薄毛の悩み40代から、若い女性20代の脱毛も増殖中

標準

ハゲなど薄毛や抜け毛の悩みは男性のイメージが強かったですが、昨今では女性の髪の悩みも増えてきています。日ごろの生活からのストレスや頭皮へのダメージもありますが、女性の方が薄毛のイメージが男性より弱かった理由は髪の毛に影響を与えるホルモンは女性ホルモンの方だからというものあります。女性ホルモンの中でも「エストロゲン」というホルモンが密接に関係があるとされていますが、ストレスや生理、食生活の乱れなど、様々なことで変化してしまいます。ホルモンが減少するとヘアサイクル(髪の毛を作る、抜ける準備、抜けるというサイクル)が止まってしまい、結果薄毛になりボリュームが減ってしまいます。年齢を重ねると女性ホルモンの分泌は減りますが、これは40代以上の女性に限ったことではありません。20代でもストレスや生理、食生活の乱れもありますし、頭皮のケアを怠っているとフケや毛穴がつまり、髪の毛が育ちません。20代くらいの若いうちは回復力も早いので薄くなる前に対処すると良いでしょう、40代以上になってしまっている場合ももう遅いと諦めず、生活を見直したり、ストレスの原因を解決してみたり、スカルプケアのシャンプーを使ってみたり、育毛対策をすると薄毛を食い止め、また頭皮が健康になれば発毛も望めます。自分は大丈夫!と思ってみても頭頂部を見てみるとすでに危険サインが出ているかもしれませんので、鏡でチェックしてみましょう。

◆参考情報
女性の育毛シャンプーランキング!育毛効果のあるシャンプーはどれ?

アンファーのスカルプDって

標準

。頭皮ケアのシャンプー「スカルプD」に書いてあるNo12ってなんだろ?と思って調べてみたら、12代目スカルプDを表していることを最近知りました。一回気になるといつくらいからスカルプDってあるんだろうって調べてみたら、1999年に開発が開始し、2001年に原点となるシャンプーが誕生したんだそうです。スカルプDというと、雨上がり決死隊の宮迫博之さんが有名ですが、CMで起用され始めたのは2008年で以外と結構後だったんですね。そういえば、宮迫さんはスカルプDにCMに起用される前は結構髪の毛(薄毛、ハゲ)ネタで弄られてましたが、CMするようになってからそういうネタ見なくなった気がしますね。

◆参考情報
アンファーのスカルプDの効果とは

フケが多くなったり、かゆみがあるのは頭皮の危険信号?

標準

抜け毛が多い、フケが多い、頭皮が痒い、心当たりがあるなら頭皮からの危険信号かもしれません。フケや痒みの原因は乾燥しやすい冬などの季節的要因から、体調不良や栄養不足による身体的要因、パーマやカラー剤からの刺激など様々な要因があります。男性が抜け毛が多いのは男性ホルモンが原因と言われ、女性ホルモンに、育毛発毛を促進する役割があります。それゆえに女性の髪は男性より安定していると言われてますが、女性はホルモンバランスが乱れやすい時があります。妊娠や整理、無理なダイエットなど、知らず知らずのうちに抜け毛の原因になっています。また、シャンプー選びに失敗するのもいけません。女性は男性より髪が長いことが多く洗うのが大変です。それゆえに強引にゴシゴシ洗ってしまうことになってしまい、結果頭皮を傷つけたりなどにより頭皮にトラブルがあると結果抜け毛や薄毛に繋がります。また不摂生な食生活により頭皮にしっかりと栄養が届かずに抜け毛となる場合もあります。髪の毛のケアは髪の毛ももちろん大事ですが、その土台になる頭皮も大事になります。昨今、ノンシリコンシャンプーや頭皮のケアに着目したスカルプケアー商品が増えているのはその為です。スカルプシャンプーはノンシリコンが当たり前で、スカルプケア(頭皮ケア)ができます。髪の毛だけ洗うのではなく「頭皮も正しく洗う」これが大事なのです。

◆参考情報
女性スカルプシャンプーの比較。効果があるものについて