おせち料理は手作り派?通販派?

標準

最近のおせち料理は家で手作りする人もいれば、料亭が作った通販おせちを用意する人など様々みたいですね。通販おせち派が増えてきたので年末年始の忙しい時期におせちを作っている時間が無い!年末年始くらいゆっくりしたい!という需要が高まったというところがあります。高いイメージを持ってる方も居るかもしれませんが、1万円以下のおせち料理もあるので結構お手軽に変えます。人数に合わせて買える所も多いので余る心配も減らせますね。通販の場合、新年に実家の両親に業かなおせち料理をプレゼント!という手も使えるんじゃないでしょうか。手作りのおせちは段々パターン化してマンネリ化して、具が段々減っていって手抜きになる傾向があります。昆布巻き、伊達巻、田作り、数の子、紅白かまぼこ、紅白なます、黒豆、海老、酢レンコン、栗きんとん、それぞれ新年を祝い、願う意味があるので少なくなるのは寂しいですね。一度も通販おせちを頼んだことが無いって人は一度試してみるのも良いかもしれませんよ?

◆参考情報
おせち料理の通販、口コミ