薄毛の悩み40代から、若い女性20代の脱毛も増殖中

標準

ハゲなど薄毛や抜け毛の悩みは男性のイメージが強かったですが、昨今では女性の髪の悩みも増えてきています。日ごろの生活からのストレスや頭皮へのダメージもありますが、女性の方が薄毛のイメージが男性より弱かった理由は髪の毛に影響を与えるホルモンは女性ホルモンの方だからというものあります。女性ホルモンの中でも「エストロゲン」というホルモンが密接に関係があるとされていますが、ストレスや生理、食生活の乱れなど、様々なことで変化してしまいます。ホルモンが減少するとヘアサイクル(髪の毛を作る、抜ける準備、抜けるというサイクル)が止まってしまい、結果薄毛になりボリュームが減ってしまいます。年齢を重ねると女性ホルモンの分泌は減りますが、これは40代以上の女性に限ったことではありません。20代でもストレスや生理、食生活の乱れもありますし、頭皮のケアを怠っているとフケや毛穴がつまり、髪の毛が育ちません。20代くらいの若いうちは回復力も早いので薄くなる前に対処すると良いでしょう、40代以上になってしまっている場合ももう遅いと諦めず、生活を見直したり、ストレスの原因を解決してみたり、スカルプケアのシャンプーを使ってみたり、育毛対策をすると薄毛を食い止め、また頭皮が健康になれば発毛も望めます。自分は大丈夫!と思ってみても頭頂部を見てみるとすでに危険サインが出ているかもしれませんので、鏡でチェックしてみましょう。

◆参考情報
女性の育毛シャンプーランキング!育毛効果のあるシャンプーはどれ?